韓国留学

韓国ワーキングホリデー

 ワーキングホリデー制度とは、政府間の協定に基づき、若者が相手国で休暇(ホリデー)として滞在しながら現地での滞在費を補うための就労(アルバイト)が認められた、最長1年間の滞在が可能な国際交流を目的とした制度です。

 2006年現在、日本は、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、フランス、韓国、イギリス、ドイツの計7カ国と相互協定を結んでおり、韓国とは2000年4月からワーキングホリデー制度を開始しました。


Sponsored Link